主婦 美容ブログ

ほとんどの妊婦さんが妊娠4カ月から肌が変わったなと肌が変化していることを感じることが多いでしょう。
妊娠中でのくすみが気になる肌の変化は女性ホルモンが関係していきますが、それだけではありません。
妊娠中はお腹の中で育つ赤ちゃんがどんどん大きくなって母体も大きくなっていきます。肌も伸びてしまい負担がかかるようになってしまいます。
妊娠中のくすみの原因は妊娠中期がもっとも血液の増加が最大になるのが原因で顔の血管に血液が集まりやすくなっています。
幹線がより活発になって汗をかく量が増えていきます。色素をつくる腺も活発に働いてしまうので妊娠中の肌はダメージを受けやすくくすみがちだった肌はよりくすみが目立つようになってしまいます。
黒ずみに悩んでいた部分も色が濃くなってしまうことがあります。放置せずに妊娠中もケアしていきましょう。

続きを読む≫ 2014/07/22 02:42:22

妊娠中のくすみはかなりの大敵、特に皮膚が薄く弱い目の周りのくすみが目立つようになります。
もともと妊娠前にくすみがあったひとはよりくすみがひどくなる可能性があり、色素沈着していた部分は濃く目立ってしまうことがあります。

 

くすみがちの人はより濃くなってしまうことがありますが、妊娠中にくすみがちになってしまう妊婦さんの場合は顔のおでこ、頬、鼻、あごの部分にくすみができてしまいます。

 

妊娠をきっかけに女性ホルモンバランスが急激に変化することによってシミやくすみ、黒ずみが目立つようになっていきます。
皮膚が薄い部分の目の周りや目の下のくまが目立ってしまい顔色が悪く疲れて見えてしまうと悩む妊婦さんが多いです。

 

この女性ホルモンの急激な変化によってくすみやシミができるなら出産したら綺麗に戻るだろうと放置している妊婦さんが実は多いのです。
しかしそれは間違い、産後数か月経てば目立たなくなるだろうと考えていたらシミやくすみがなくならず目立ったままの後悔しているママがたくさんいます。

 

そうならないためにも妊娠中の正しい美白ケアを行って綺麗な肌のママをめざしましょう。

続きを読む≫ 2014/07/19 14:31:19

妊娠中のトラブルといえば便秘それに伴ってニキビができる肌トラブルや女性ホルモンのバランスが崩れてしまったことが原因でメラニン色素が増える腺が活発になってしまいます。

 

それが原因で肝斑(かんぱん)ができ、紫外線が原因のシミやそばかすが多くなってしまいます。
5月から紫外線が高くなるので外出には日焼け度めや日傘をさして紫外線対策をしましょう。

 

美白ケアでは美白クリームでなるべく酷くならないようにシミや肝斑(かんぱん)を薄くさせる努力をしていきましょう。
シミは肌のターンオーバーを整えることが大切で美白クリームでメラニン色素が濃くなるのを抑えていきましょう。

続きを読む≫ 2014/05/14 00:04:14

妊娠中気になると便秘に悩む妊婦さんが増えていきます。便秘になってしまうのには女性ホルモンの中の黄体ホルモンの分泌が多くなって大腸の働きが鈍ってしまいます。

 

それと赤ちゃんがお腹の中ですくすく大きくなると子宮が超を圧迫されてしまうという両方の原因で便秘に悩む妊婦さんが多くなります。

 

妊娠前は便秘はまったくなく快調だった腸の働きが妊娠して4ヶ月ぐらいからしつこい便秘に悩まされることが増えていきます。
便秘が原因で顔にニキビや吹き出物ができてしまい肌あれの原因にもなる便秘もすっきり解消していきましょう。

 

妊娠さんの7割に出来てしまう肝斑は妊娠中の肌トラブルの中でも最も多い悩みです。

 

特に妊娠中期に入った妊婦さんが出来やすく女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えることが原因で出来てしまうシミの一種です。

 

肝斑(かんぱん)というと中年の女性にできるシミのイメージが強いですが、20代の妊婦さんでも妊娠中期に入ると頬のあたりにできる薄いシミで大きく広がっていくのが特徴のシミです。

 

この肝斑(かんぱん)ができてしまうと顔が老けてしまうのはもちろん、肌がくすんで見えて顔色が悪くなってしまいます。

 

続きを読む≫ 2014/05/13 23:33:13